信頼出来る外壁塗装会社の探し方

外壁塗装 業者の探し方

外壁塗装は「完全自社施工の塗装業者」がおすすめな理由

投稿日:

外壁塗装は自社施工の塗装業者がおすすめ

外壁塗装をするのであれば、地元の完全自社施工の塗装業者を選ぶのが最もオススメです。

地元の完全自社施工の塗装業者を選ぶメリットはたくさんあります

・中間マージンが無いので費用を安く抑えることが出来る
・地元の気候に合わせた塗装をしてくれる
・技術に自信があるからアフターフォローに力を入れている業者も多い

この記事では完全自社施工の塗装業者を選ぶメリット、そして探し方についてもご紹介しています。

大手ハウスメーカーよりも地元の塗装業者を選んだ方が、費用も安くなりますし信頼度が高いことが多いのが外壁塗装です。

外壁塗装は完全自社施工の塗装業者がおすすめな理由

外壁塗装をするなら、完全自社施工の塗装業者がおすすめです。

今までは探しにくいのがデメリットでしたが、今は効率良く自社施工の業者を探すことが出来る外壁塗装の一括見積もりサイトも出てきました。

そうした一括見積もりサイトを利用すれば、地元の塗装業者から効率良く相見積もりを取ることが出来ます。

外壁塗装には完全自社施工の業者がおすすめ、その理由をこれからご紹介します。

中間マージンが無いので、外壁塗装の費用を安く抑えることが出来る

外壁塗装 費用の目安

大手ハウスメーカーのほうが安心感がある、という方もいらっしゃると思います。

10年点検などで外壁塗装も提案してくれますから、

「新築もお願いしたし、そのまま外壁塗装もお願いするか」

というご家庭もあるかもしれません。

しかし、大手メーカーは費用が高いのです。

CMも打っていますし、社員数も多いです。
それらは全て経費ですから、費用を回収するための料金設定がされています。

また大手ハウスメーカーは現場作業は下請け業者に依頼します。
自社で塗装職人を抱えている訳ではありません。

下請け業者に依頼する際、中間マージンが発生します。
関わる業者が増えるほど、中間マージンの費用も高くなっていきます

この中間マージンは、外壁塗装の費用が高くなる大きな原因です。

メーカーの見積もり費用よりも、完全自社施工の業者の見積もり費用の方が数十万円も安いのは、中間マージンが無いからともいえます。

費用が安くなった分、そのまま安く塗装をしても良いですしワンランク高い質の良い塗料を選ぶ、といったことも出来ます。

塗装の技術力が高い

外壁塗装の職人

塗装専門で創業以来、地元でコツコツと施工実績を重ねてきた業者も多く、塗装の技術力は非常に高いです。

下請け業者として過去に仕事を頑張ってきて、自社請けになった業者も多いです。

また中間マージンが無く仕事が出来るため、しっかりと費用を必要なところにかけることが出来るため、質の高い工事もおこなってくれます。

地元の気候に合わせた外壁塗装をしてくれる

気候の特性にあった外壁塗装

地元の塗装業者に依頼するメリットの一つが、地元の気候に合わせた外壁塗装を提案、実施してくれることです。

大手ハウスメーカーの営業担当者、家電量販店の窓口担当は他地域から異動してきた場合には、土地勘が無い事が多いです。

そして下請け業者は施主に塗料の提案などする機会はありませんから、実は気候に適していない塗料で仕事をせざるを得ない場合もあります。

弾力性があり、ひび割れしにくい塗料。
耐水性に優れた塗料。
耐用年数が長い塗料。

例えばシリコン塗料であっても、その中に様々な特性を持った塗料があり、単価も異なります。

その地域の気候、特性にあった塗装の提案が期待出来ます。

完全自社施工の塗装業者の場合、担当者もこまめに現場に顔を出します。
というよりも、職人が打合せをすることもありますので、塗料の知識を活かして気候に適した塗装を提案してくれます。

意思の疎通がしやすいのはメリットでしょう。

情報のズレが無い

完全自社施工の業者の場合、職人が打合せに出ることもあります。
社長が打合せをして、それを職人に伝えるといったケースもあります。

現場をよく知らない営業担当者から現場に情報が伝達されると、どうしてもズレが生じますし、対応が遅くなることもあります。

しかし自社施工の業者の場合には、何かあれば職人に言うことですぐに対応して貰えることもありますし、会社に連絡しても迅速に対応してくれることも多いです。

頻繁に現場に担当者がいることが多いので、伝えることも出来ます。

連絡が取りやすく、対応が早い、情報のズレが起こりにくい、といったこともメリットでしょう。

レスポンスが早い業者が多い

上記と同様ですが、地元密着で仕事をしていることから、誠実に丁寧に仕事をすることが大切、と考えている業者が多いです。

そのため、問題があった場合などはレスポンスも早く、対応を行ってくれるでしょう。

技術に自信があるからアフターフォローに力を入れている業者も多い

塗装の技術に自信がある業者が多いため、保証やアフターフォローが手厚い塗装業者が多いと言えます。

ただし、内容、期間などは業者により差がありますから、相見積もりをして比較をすることが重要になります。

信頼出来る外壁塗装業者の選び方

外壁塗装はトラブルが多いです。
毎日数十件、トラブルが発生していると言われます。

それは外壁塗装のトラブルが施工完了してすぐではなく、1年後、2年後などに発生するため、責任を追及しにくいことが大きな原因です。

外壁塗装に成功するには、いかに信頼度が高く、技術力が高い塗装業者に仕事を依頼出来るかにかかっていると言っても良いでしょう。

信頼出来る外壁塗装の選び方として、いくつかポイントをご紹介いたします。

建設業許可を取得している塗装業者は信頼度が高い業者

住宅の外壁塗装を行う規模の仕事であれば、実は特に許可や免許は必要ありません。

現状では、500万円以下の塗装・リフォーム工事を行う場合には許可、免許が必要ないのです。

極端に言えば、誰でも外壁塗装業者として仕事をすることが出来ます。

ですから今、外壁塗装業界には家電量販店、ホームセンターを始めとして異業種の参入が増えています。

リフォーム業界は今後もまだ伸びしろがあると予想されているためです。

とりあえず契約を取ってしまえば、マージンを取って下請け業者に丸投げすれば良いからです。

そのため過去に訪問販売会社が多く出てしまったり、格安費用で工事をする悪質な業者が多く発生した理由とも言われています。

地元の完全自社施工の業者であっても、優良塗装業者は建設業許可を取得しています。

取得のための条件として、

  • 経営業務管理責任者がいること、経験が5年以上あること
  • 国家資格技術取得者、又は10年以上の実務経験者がいること
  • 請負契約に関して誠実性があること
  • 500万円以上の預金証明があり、5年以上の営業実績があること
  • 取得のための欠落事項がないこと

建設業許可を取得するには、こうした条件をクリアする必要があります。
取得している業者は、非常に信頼度が高いといえます。

安心して依頼しても大丈夫な塗装業者です。
(とはいっても、1社で決めず費用は相見積もりを取った方が良いです)

塗装工事の保証がある自社施工の業者がおすすめ

外壁塗装、完全自社施工の業者は技術力が高いので、多くの業者が保証を長く付けています。

多くの塗装業者のホームページを調べてみましたが、

「最長10年」

の保証制度が多いでしょうか。

シリコン塗料の耐用年数と同じくらいの年数となります。

シリコン塗料を選ばれる方が多いからでしょうか。

もし今後、フッ素塗料など耐用年数が長い塗料が一般的になれば、保証期間も延びるのかな?とも思います。

保証期間に関しては5年~10年と塗装業者によって期間に差がありますので、比較の一つのポイントにされても良いでしょう。

完全自社施工の塗装業者を探すなら

ここまで、

外壁塗装には完全自社施工の業者がおすすめ

ということでその理由を見てきましたが、実際に完全自社施工の業者に依頼したい場合、相見積もりを取ってみたい場合の方法を最後にご紹介します。

効率良く相見積もりを取るには、一括見積もりサイトの利用がおすすめです。

その中でも、審査基準が厳しいと言われ、自社施工の業者と提携をしている一括見積もりサイトの利用がおすすめです。

ヌリカエ

ヌリカエは全国対応の外壁塗装の一括見積もりサイトです。

地元の外壁塗装業者、複数に相見積もりを依頼することが出来ます。
自社施工の業者を紹介してもらうことが出来ます。

また、中立な立場の専門アドバイザーが間に入り、ヒアリング・状況を把握。
その上で利用者にとって適切な工事が出来るであろう業者を探してくれます。

相見積もりの結果お断りする業者もいますが、お断りに関しても、ヌリカエが代行してくれます(お断り代行)。

完全自社施工の業者で相見積もりを取りたい、といった場合におすすめです。

⇒ ヌリカエ 公式ページ

-外壁塗装 業者の探し方
-,

Copyright© 外壁塗装 優良塗装業者の探し方 , 2019 All Rights Reserved.