外壁塗装の色を決める

外壁塗装の知識

外壁塗装 色決めのポイント

投稿日:

外壁塗装 色決めのポイント

外壁塗装の一番の魅力といって良いのは、外壁の色選びですよね。

新築と同じ色合いを再現することも出来ますが、せっかくの10年に1回の外壁塗装リフォーム、気に入った色彩に塗って気分を変えてみる!といったことも出来ます。
ツートンカラーなど色を組み合わせたり、付帯部分の色を変えてみたり。

外壁塗装の目的は住宅を長持ちさせるために、クラック(ひび割れ)の補修、コーキング補修、塗膜の保護を行うことですが、外壁の色も住宅の外観を決める重要な要素です。

色選びは楽しい時間ですが、迷ってしまってなかなか決められないのも色選びです。
なにせ塗ったら10年同じ色です。失敗したらどうしよう・・・。
そのためにも、失敗しない外壁の色選びのコツなども抑える必要はあると思います。

外壁塗装で人気の色、色決めのポイントなどをご紹介しています。

外壁塗装、人気のある色

色見本

外壁塗装で人気のある色について、最初に見ていきましょう。

人気のある外壁の色は、周りの住宅の色合いにも合わせやすいため違和感が無い外壁の色でもあります。

無難な色合いも、とても落ち着くものです。

「好きな色はあるけれど、あまり個性的な外壁の色にして周りのお宅からうちだけ浮くのもイヤだな・・・」

といった場合には、人気の色から選んで見ても良いと思います!

ベージュ系の色

外壁がベージュ系の色の住宅

ベージュ系の魅力は、

「なんとなくホッとする色あい」

にあるのではないでしょうか。

シンプルで無難、周りの住宅と調和しやすい、といったこともありベージュ系の外壁にすれば浮くことがありません。

そうした安心感もあり、人気の外壁色となっています。

ベージュ系の外壁は少し黄色がかった色ですから真っ白ではありません。
その分、汚れも目立ちにくいというメリットもあります。

茶系(ブラウン)

茶系、ブラウン色は温かみを感じる色です。

住宅の外観を落ち着きのあるシックな色合いにすることが出来ますから、飽きにくい色としてもおすすめです。

茶系の色といっても、明暗かなり幅広く色を選ぶことが出来ます。

外壁が塗り終わってみたら思ったよりも暗い色だった・・・塗り直ししたい、と失敗に感じることがないように、事前にサンプルを色々な光源、時間帯で確認したりすることが重要になります。

白(ホワイト)

白も人気色です。

真っ白な外壁は、とても清潔感があります。
パッと目を引きますし、高級感もあります。

魅力的な外観といえますね。

問題点は真っ白な外壁は汚れやすいということ。

しかし、近年は汚れにくい無機塗料なども選びやすくなってきていますから、以前ほど洗浄、メンテナンスは必要はなくなっています。

とはいえ、汚れたら他の外壁の色よりも目立つのが白色の外壁。

定期的な洗浄、カビ、コケなどの汚れてきた場合のメンテナンスなどが重要です。

外壁塗装の色の組み合わせは2色、3色が多い

外壁塗装の色の組み合わせですが、あまりに様々な色を混ぜると印象が悪いです。

そのため基本的に外壁の色の組み合わせは2色、3色くらいまでと言われています。
同系色の色でまとめると、違和感の少ない仕上がりとなります。

ツートンカラーの基本は希望する色と同系色でまとめることが多いですが、あえて違う色味を組み合わせてみる方法もあります。

色の彩度を抑えることで意外と違和感なく、2色を組み合わせることが出来る倍もあります。

外壁塗装業者によっては、カラーコーディネーターが在籍しているところもあります。

またカラーコーディネーターがいなくても、これまでの施工実績などから色の組み合わせに関して適切なアドバイスをもらうことが出来るでしょう。

外壁の色に関しては、自分達だけで決めると高確率で失敗しやすくなりますから相談をしながら、カラーサンプルで確認しつつ決めていくことをおすすめします。

外壁塗装の色決めで失敗しないために

外壁塗装の際、色決めで失敗しないためのポイントを抑えることが重要です。

知らないと失敗しやすくなることがあります。

外壁塗装で色決めをする際の注意点

外壁の色ですが、単に好きな色を選べば良い、といったことではありません。

ご近所さん、周囲との住宅の調和も気になる方も多いと思いますし、「汚れ方」が気になる方も多いでしょう。

外壁塗装トラブルで実は多いのが「仕上がりの色がイメージと違った!」ということです。

せっかくの外壁塗装、こうした色の失敗をしないためにも抑えておきたい知識が以下のようなものです。

面積効果

外壁の色決めですが、最初は非常に多くのカラーサンプル(色見本)を使って考えていくことになると思います。

その時、面積効果について知っておく必要があります。

面積効果とは、

同じ色でも面積の大きさによって、色の見え方が違う

ということです。

同じ色であっても、

面積が小さいと、濃く見えます

面積が大きいと、明るく見えます

そのため、カラーサンプルで色を比較する場合には、外壁という広い面積に塗った場合には少し明るく見えるということを意識されると良いです。

光源色

色の見え方は光源色によってかなり変わってきます。

太陽光の元で見る色、室内で蛍光灯の下で見る色。
同じ色なのに、見え方が違います。

朝・昼・夜。
また天気によっても見え方が違ってきます。

外壁は外での施工となりますから、色の候補を絞り込んだら大きめ(A4サイズなど)のカラーサンプルで外で確認することも重要になります。

実際に色サンプルを外壁に当ててみるのもおすすめです。

様々な時間帯で色の確認をすることが、仕上がりの色がイメージと違った!という失敗を避けるために大切です。

サッシ枠、ドアなど色を変えられない部分との色の調和を考える

外壁は好きな色に塗ることが出来ますが、住宅には塗装できない部分もあります。

それが、

  • サッシ枠
  • ドア

などとなります。

こうした部分も考慮しながら、外壁の色決めもしていくことが重要になります。

カラーシミュレーションは参考程度に

外壁塗装の際、カラーシミュレーションをすることが出来る塗装業者も多いです。

ネットで調べると無料でカラーシミュレーションを使用できる塗装業者、塗料メーカーもいくつも見つけることが出来ます。

色の組み合わせイメージなどを掴むのに便利です。

ただし、カラーシミュレーションは参考程度に考えることが必要です。

ディスプレイによって、見え方がかなり変わってくるためです。
調整の仕方によっては丸っきり違う印象の色になっていることもあります。

重要なのは、やはりカラーサンプルを使用して外に出て色を確認する作業、といえます。

外壁塗装を予定したら、色々な住宅の外壁の色をチェック!

外壁塗装の予定があるのでしたら、普段から色々なお宅の外壁をチェックして、良いなと思う外壁の色、色の組み合わせをメモされておくことをおすすめします。

ツートンカラー、マルチカラーにしたいという希望があるのでしたら、実際に建っている住宅の外壁の色が一番参考になると思います。

太陽光の下で見る外壁の色が一番重要です。

普段、色々なところへ移動する機会に外壁の色見本として、良いなという外壁の色をお探しになってみてはいかがでしょうか。

失敗しない色選びのコツ

外壁塗装で失敗しない色選びのコツについて、改めてまとめてみましょう。

  • 周囲に合った落ち着いた色を選ぶ
  • 面積効果などを考慮する
  • 塗装できない部分との色の調和を考える
  • 色見本は大きめ(A4サイズなど)を用意してもらう
  • 様々な時間帯、外でも色を確認してみる
  • 可能であれば、実際に希望の色を塗った住宅を見学する

実際に色を塗った住宅を見学する

もし可能でしたら、実際にその色を塗った住宅を見学などを相談してみてください。

外から見るのですから特に問題になることも無いと思いますが、個人情報ということで避ける業者さんもあるでしょう。

ただ、そうした業者さんであっても施工実績が多ければ、写真などでサンプルとして色々と見せてくれるはずです。

そうしたサンプルなども少ないようでしたら、参考にしにくいので他の塗装業者に変えるといったことも考えてみても良いかもしれません。

中塗り後に色の確認をすることも大切

外壁塗装は基本的に、下塗りの後に上塗りを2回行います。

その時、色を確認して見ることもおすすめです。

色がイメージを違う場合、中塗り後であればまだ色を変えることは可能です。
(上塗り塗料を変えるということになります)

しかし中塗りの色次第では、上塗りの色が変わる可能性もありますので、そこは考慮が必要です。

また別途費用がかかることも多いですから、それも納得の上で行う必要があります。

中塗り後の色変更の可能性については、事前に中塗り後に色を確認したいと伝えておくことも必要です。

塗装業者さんによっては、そうした確認は特に聞いてこない場合もあるためです。

外壁の色選びのコツは、様々な視点からの確認

このように、外壁塗装の色選び、失敗しないためには様々な視点から決めていく事が大切になります。

良いな、と思っていた色でもサンプルを使って外壁に当ててみたらそうでも無い・・・ツートンカラーにする場合にはさらに色の組み合わせが増えますから悩むものです。

色選び、外壁の専門家に相談しながら、焦らずに決めていかれることをおすすめします。

カラーコーディネーターのいる外壁塗装業者もいますので、もしこれから一括見積もりなど取られる予定でしたら、そうした対応もしてもらえる外壁塗装業者を紹介してもらうと良いかもしれません。

⇒ 外壁塗装の専門アドバイザーに相談しながら優良塗装業者を探せるサイト

-外壁塗装の知識
-,

Copyright© 外壁塗装 優良業者の探し方 , 2019 All Rights Reserved.