外壁塗装の業者比較

外壁塗装 業者の探し方

外壁塗装業者 選定のポイント!業者選定に失敗しないために

投稿日:

信頼できる外壁塗装業者を選定するには

外壁塗装業者を選定するポイントをご紹介しています。

多額な費用がかかる外壁塗装、悪質な業者に引っかかってしまうのは本当に避けたいです。

100万円近くという費用の買い物は、生活の中では車を買う次くらいに高額な費用になるといっても良いでしょう。

外壁塗装での業者選定の大きなポイントは「信頼できるかどうか」だと言われます。

実際、塗装業者の口コミ・評判を調べていくと「信頼できると感じた」ので工事を依頼したという方が多いことに気付きます。

信頼できる外壁塗装業者の選び方について。
業者選定のポイントをご紹介いたします。

高額な費用が必要な外壁塗装、ぜひ優良な塗装業者を選定して工事を成功させてくださいね。

これから相見積もりを取るという方は、

⇒ 外壁塗装の見積もりを一括で取る方法

も参考にしてみてください。

外壁塗装 良い業者を選定するポイント

外壁塗装業者の選び方のポイント

外壁塗装で良い業者を選定するためには幾つかのポイントがあります。

地元の塗装業者をお探しになる際、面倒と思わずにぜひチェックしてみてください。

また記事の後半に掲載していますが、悪質な業者に依頼してしまわないようにしっかりと業者選定をされることが外壁塗装に成功するためには大切です。

業者の口コミ、情報収集を徹底的にする

外壁に劣化症状(チョーキング、ヒビ割れ、塗膜剥がれ)などが起きてきたら、外壁塗装のタイミングといえます。

こうした劣化症状が起きているのに塗料の塗り替えを先延ばしすると、さらに外壁の状態が悪くなってしまい、多額のリフォーム費用が発生する可能性があります。

外壁塗装を依頼する際、地元の塗装業者を中心に調べると思います。

その方法としては、チラシ、フリーペーパー、知り合いからの口コミ、ネットで地元の塗装業者を調べる、外壁塗装の一括見積もりサイトを使うなどがあります。

外壁塗装を考え始めたら時から、折り込みチラシを取っておいて後から比較をする、という方もいらっしゃると思います。

時期によっては「外壁・屋根の塗り替えキャンペーン」といった内容で通常よりも価格がお安くなっているチラシが入ってくる事もありますね。

その際、必ず業者の口コミ・評判、情報収集を出来る限り行ってください。

ネットが使える方は、

「○○塗装会社 口コミ」

「○○塗装 施工実績」

といったように調べてみると、情報が見つかる場合があります。

全ての塗装業者が口コミ・評判を見つけられるわけではありませんが、あまりに悪評が多い場合にはその塗装業者は選定しない方が良いでしょう。

外壁塗装は相見積もりで比較する

外壁塗装は相見積もり」が基本です。

業者ごとに費用に差がありますし、工事内容にも違いがあります。

優良な塗装業者の選定ポイントとしては、

見積書の内容が詳細かどうか

がまず挙げられます。

悪質な塗装業者の場合、少しでも費用を高く見積もりたいために詳細な書き方をしないことがあります。

足場代 一式20万円
塗装代 一式40万円

極端な書き方ですが、こうした一式表記がある業者は要注意です。
悪質な業者である可能性が高いといえます。

優良な塗装業者の場合、見積書の内容が詳細です。

例えば、付帯塗装工事もしっかり詳細を記しています。

破風 40㎡(数量) 650円(単価) 26,000円(見積金額) 研磨・上塗り2回塗り

といったように数量、単価、見積金額、内容の記載があります。

一式とすることで、どの部分を、どれだけ、どういった内容で補修や塗り替えをするかが分かりません。

見積金額をごまかしやすい書き方です。

施工期間が適切かどうか

施工期間が4日、5日など短い場合には手抜き工事になる可能性があります。

外壁塗装は建物の周りに足場を組みますし飛散防止ネットもあり、職人さんも出入りするとあって不便さを感じるものです。

外壁塗装は近隣トラブルになる可能性もあるため、出来れば早く塗装が終わって欲しい、という方は多いと思います。

そこでつい施工期間が短い業者にメリットを感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし施工期間が短い場合、必要な工事を行わずに短期間で外壁塗装を終わらせようとしている可能性があります。

それでいて見積金額が高い場合、悪質な業者といえます。

外壁塗装の平均日数は10日~14日程度です。

悪天候も予想をして、2週間ほどの施工期間を取る業者が多いですから、4,5日で終わるのはやはり手抜き工事といえるでしょう。

雨が降っても塗装を進めるのかもしれません。

施工不良の原因となりますので、施工期間が適切な業者を選定することが大切です。

支払方法

支払方法にも注意が必要です。

基本的には外壁塗装の費用は後払いです。

最近では、工事費用の支払にカード払いや、各種ペイ払いなど電子決済対応の業者も増えてきています。

カード払いはポイントも貯まるのでお得ですね。

ただ、業者の中には工事の半ばほどで半分費用の支払い、といった場合もあります。

信頼出来る業者の場合には、前払いを求められたり、着手金を求めて来ることは少ないはずです。

しつこく前払いや着手金の振り込みを求めて来る業者は、避けた方が良いでしょう。
最悪なのは、外壁塗装の費用を全額前払いして業者と連絡が取れなくなるケースです。
計画倒産などもあり得ます。

最初から工事をしないつもりで前払い要求などトラブルもありますので、支払い方法に関してしっかり確認が必要です。

工事内容の説明が初心者に丁寧

外壁塗装は初めて、という方も多いと思います。

信頼出来る、優良な塗装業者の場合には外壁塗装に知識が無い依頼主に対して、説明が丁寧です。

しっかり理解してもらってから工事を進める姿勢があります。

高額な費用の外壁塗装だからこそ、納得してもらってから工事を進めたいということもあります。

トラブル防止の側面もあるでしょう。

基本的なことも、質問すれば丁寧に答えてくれるはずです。

悪質な業者の場合には、依頼主が外壁塗装の知識が無いのを良いことに曖昧に答えて話を終わらせ、契約を結ぼうと先へ進める傾向があります。

保証がしっかりしている外壁塗装業者

外壁塗装は工事後すぐにはミスなどがあっても分からないことが多いです。

そのため、悪質な業者が多くトラブルが頻発する原因となっています・・・。
言い逃れもしやすいということになります。

しかし、優良な塗装業者の場合には技術力にも自信がありますし、満足度が高いお客様は次回の外壁塗装も依頼してくれることが多いため、保証体制がしっかりしとえりアフターフォローも手厚いです。

とはいえ保証は口約束では無く、

  • 保証内容
  • 適用範囲
  • 免責事項

などを明記した、工事保証書の発行などがしっかりされるかどうかも確認したいポイントです。

外壁塗装の悪徳業者には注意!

外壁塗装の業者選定ではとにかく悪質な業者に引っかかることを避ける必要があります。

費用に定価が無いこと、依頼主と業者の知識差が大きいこと、手抜き工事をしても塗装直後にはバレにくい、といったことから悪質な業者も残念ですが存在しています。

しかし、上記の点などに気をつけることで信頼出来る優良な塗装業者を選定することがしやすくなります。

他に外壁塗装の業者選定で確実に避けたいのが、次の業者です。

訪問販売業者には絶対、依頼しない

外壁の状態は誰にでも見えることから、年数が経っているお宅には訪問販売業者が来ることがあります。

突然やってきて、

・大幅値引きを提案する
・30年以上耐用年数のある塗料を勧める
・モニター価格での外壁塗装を提案する
・今なら足場無料

といったことで契約を迫ってきます。

相見積もりを取らせないように、即日の契約、数日以内の契約なら格安で外壁塗装ができる、といったことも特徴でしょう。

外壁塗装 業者選定のポイント、まとめ

外壁塗装はどこに依頼しても一緒、ということはありません。

費用も違いますし、保証内容も異なります。

出来るだけ、信頼出来る業者に依頼をする必要があります。

4年後、5年後に何かあったときに外壁塗装の良し悪しが分かります。
また外壁にトラブルがあった際、すぐに対応してくれる塗装業者を選びたいものです。

大手ハウスメーカーだから安心、といった事でもないのが外壁塗装です。
(大手は結局、下請け業者に仕事を依頼しています)

外壁塗装 業者選定のポイントをご紹介しました。

外壁塗装の一括見積もりサイトを利用すると効率良く相見積もりを取ることが出来ます。

その際も、紹介してもらえる業者のチェックはされることをおすすめします。

-外壁塗装 業者の探し方
-

Copyright© 外壁塗装 優良塗装業者の探し方 , 2019 All Rights Reserved.