外壁塗装のトラブルに悩む

外壁塗装のトラブル

外壁塗装のトラブルで多いものは?

投稿日:

外壁塗装のトラブル

外壁塗装のトラブルで多いものを知っておく事も大切です。

外壁塗装業者は国内に5万件以上あり、お住まいの地域によっては本当に膨大な数の塗装業者を見つけることが出来ます。

毎年1万件を超えるリフォームに関する相談があり、外壁塗装トラブルもかなりの割合を占めています。

外壁塗装業者とのトラブルも多いのですが、ご近所さん、近隣トラブルも外壁塗装では起こる事があります。

この記事では、外壁塗装で起きやすいトラブルについてご紹介しながら、対策や予防策についても触れています。

また記事の最後に「外壁塗装のトラブル時の相談先」をまとめています。

外壁塗装はトラブルが多い・・・

外壁塗装のトラブル、どうしたら良い?

外壁塗装はトラブルが多いです。

相談件数もこのところは伸びが鈍化はしてきていますが、増加傾向にありました。
ただ、相談をしていない人も多数いるはずですから、実際にはさらに多くの外壁塗装のトラブルが起きているといえるでしょう。

相談先が分からない、相談してもどうしようもない、と言ったことで泣き寝入りも相当数あるのではないでしょうか。

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターが毎年まとめている住宅相談統計年報によれば、住宅リフォームに関する相談も増加傾向にあり、中でも外壁に関するトラブルが多くなっています。

リフォームに関する相談件数

住宅相談統計年報2019より、リフォームに関する相談件数の数字を見てみましょう。

住宅リフォームに関する相談件数

    住宅リフォームに関する相談件数

  • 2009年 3,253件
  • 2010年 5,094件
  • 2011年 6,748件
  • 2012年 7,318件
  • 2013年 9,013件
  • 2014年 9,035件
  • 2015年 9,852件
  • 2016年 10,404件
  • 2017年 10,138件
  • 2018年 11,744件

このように非常に多くの件数となっています。

参考URL:住宅相談統計年報2019
(PDFファイルが開きます)

他にも消費者センターなどへも相談があるでしょうから、毎年相当数の方がトラブルに悩まされているといえます。

外壁塗装で多いトラブル

外壁塗装で多いトラブルは、いくつかの種類に分けて考えることが出来ます。

塗装業者とのトラブル、外壁塗装工事に関するトラブル、近隣トラブルといったように分けて外壁のトラブルを見ていくことが出来ます。

外壁塗装業者とのトラブル

外壁塗装業者とのトラブルも多いです。

工事の定価が無く、工事の内容の誤魔化しやすいため悪質な業者も多数混ざっていると言います。
トラブルの多さは、悪徳業者が多い裏返しともいえます。

特に問題になりやすいの訪問販売での契約です。

外壁塗装に関して訪問販売を受けたとしても、即断即決は絶対にしないように気をつける必要があります。

訪問販売の営業による外壁塗装の契約

外壁塗装の訪問販売トラブル
外壁塗装は訪問販売の営業を受けやすいです。
外壁の状況は誰でも見ることが出来るため、劣化を見つけて営業をかけやすいからです。

いくつも訪問販売をしていれば、外壁塗装についての知識が無いお宅に当たります。

「30年持つ外壁塗料を開発しました」

「今日を含めて3日以内に契約してくれたら大幅な値引きが可能です」

「この地域で営業を始めたばかりなので、モニター価格で相場より格安で外壁塗装が出来ます」

さらに外壁塗装をしないことで起こるリスクを強調し、不安を煽って契約に結びつけようとします。

後から冷静になってみると、高額な外壁塗装の費用となっていたり、不要な工事も契約してしまったり、といったことからトラブルになりやすいといえます。

追加費用の発生(高額な追加費用!)

訪問販売の営業や悪質な業者の場合に起きやすいのが、最初は格安な費用で見積もり、契約をしておいて実際に工事が始まったら高額な追加費用が発生するというケースです。

塗装中に補修が必要な箇所があると言われ、費用の話もなかったのでお願いしたら別途、追加費用が請求された・・・というトラブルは多いです。

外壁塗装の作業が始まってしまえば、途中で辞めるといったことは難しいです。
それを良い事に、追加費用を発生させるという手法になります。

優良塗装業者は必ず費用の話もして、施主からOKが出たら作業を進めるようにします。

悪質な業者の場合には確認も曖昧ですから注意が必要と言えます。

前払い金を支払ったのに倒産した

外壁塗装工事に限りませんが、費用の前払いは絶対に避けるべきです。

稀に、工事費用を全額前払いしたのにいつまでも工事が始まらない。
連絡してみたら、音信不通・・・

といったケースがあります。

業者が逃げる、稀に本当に倒産していることもありますが、それにしたって倒産するほど資金繰りが悪いのに契約を取るのですから悪質といえます。

外壁塗装工事のトラブル

外壁塗装の工事で多いトラブルについてもみていきましょう。

特に色選びに関しては、知っているか知らないかでトラブルを予防することが出来ます。

外壁塗装で多い、施工不良のトラブル

外壁塗装の問題点は、施工不良があってもすぐに分からないことが多い、ということです。

塗膜剥がれ、錆び、ひび割れなど1年ほど経って出てくる事もあります。

その原因が格安な塗装業者であれば手抜き工事、といった可能性もあります。

経験の浅い職人が担当した箇所で、作業手順の漏れが原因だった可能性も考えられるかもしれません。

塗装直後の色ムラ、塗り忘れ、といったことであれば分かりやすいですが、手抜き工事をされたとしてもすぐに分からないのが外壁塗装のトラブルを多くしている原因といえます。

施工不良のトラブルを避けるには、ご自宅の外壁材で希望の塗料の塗装経験が豊富な優良塗装業者を選び、依頼することが最も重要といえるでしょう。

優良塗装業者の選び方としては、審査を設けるなど厳しく提携先を探す【ヌリカエ】などの外壁塗装の一括見積もりサイトの活用が良いでしょう。

完成後の外壁の色がイメージと違う!

外壁塗装の色選び、施主としても楽しい時間ですよね。

せっかくの外壁塗装ですから、今までとイメージを変えたいという希望をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ツートンカラーにして色の変化を楽しむことも出来ます。

しかし、出来上がった外壁の色がイメージと違う・・・塗り直しをして欲しい!
となった場合には、基本的には追加費用が発生します。
さらに塗り直しをするために日数も増えます。

無駄な出費と言えるでしょう。

面積効果

塗料の色選びに関して、注意点があります。

色は小さいと濃く見え、大きいと薄く見える

ということに注意をする必要があります。
面積効果と言います。

カラーサンプルは何も言わないと、小さいものを見て決めることになると思います。

小さいサイズしか無いのであれば仕方ありませんが、気に入った色があれば大きいサンプルを作ってもらうように依頼されると良いでしょう。

ベニヤ板に幾つか気に入った色を塗って、大きなサイズで確認するなどは大切といえます。

A4サイズ以上に大きくしてみると、色のイメージが全然違うといったことが分かることも多いです。

色々な時間帯、天気でカラーサンプルを確認する

カラーサンプルを朝、昼、夕方といった色々な時間帯、晴れ、曇り、雨など異なる天気の下でも確認することが大切です。

塗り替えたい外壁のイメージと合っているか、違うのかを考えてみる時間は絶対にあったほうが良いでしょう。

外壁塗装 塗料の飛散によるトラブル

外壁塗装は「塗料の飛散」によるトラブルもあります。
ローラーやスプレーによる塗装が行われますが、どうしても飛び散るものです。

そのために、養生費も支払っています。

花壇、庭、自転車、車などに塗料が飛散してしまった。
そうしたトラブルは養生の徹底がなされていないことが主な原因となります。

一般住宅であれば水性塗料を使うことが多いでしょうから、乾く前であれば拭き取ることが可能です。

気になる部分には必ず養生がされているか、チェックする事が必要です。
業者任せにすると、養生されていない部分が発生しやすいです。

高圧洗浄の水が室内に入ってしまう

高圧洗浄で水が室内に侵入してしまうトラブルもあります。

単純に窓やカギを閉め忘れていて、隙間が空いていた。
換気扇から水が入るというケースもあります。

水圧を弱くする必要があるサッシ周り、クラック部分も強い水圧で高圧洗浄してしまう業者側の人為的なミスの場合もあります。

高圧洗浄の後に水が室内に入ってしまっていた場合には、すぐに伝えることが大切です。

高圧洗浄の作業が終わっていなければ、同じように他の箇所から水が侵入してしまう可能性もあります。

クラックから水が侵入している可能性がある場合、点検してもらうと安心です。

対策としては、高圧洗浄が行われる予定日をしっかり確認して窓などしっかり閉めておく、出来れば技術の高い職人さんに高圧洗浄をしてもらえるのかを聞いてみる、といったことなどをおすすめします。

外壁塗装の近隣トラブル

外壁塗装は塗装業者とのトラブルだけではありません。

ご近所さん、近隣トラブルに発展する恐れもあります。

引き続き、その地域で暮らすのですから近隣トラブルが一番避けたいものかもしれませんね。

その多くは、施主自身が挨拶回りをして外壁塗装のスケジュール、音、臭いなど想定されることについて事前に説明をしておくことでトラブル発生が避けられるといえます。

外壁塗装 近隣トラブルで多いのは?

外壁塗装で近隣トラブルになることが多いこととして、次のようなことが挙げられます。

ご近所さんとのトラブルを避けるには、しっかりと自分自身で挨拶回りをしておくことが最も重要といえるでしょう。

またトラブルがもし発生してしまった場合には、すぐに謝ることが鉄則です。

足場の設置、解体の際の騒音

外壁塗装、屋根塗装を行うには足場が必要です。

どうしても作業中「カン!カン!カン!」と数時間、音が発生してしまいます。

特に近所に小さなお子さん、高齢の方が多い場合には日中にご自宅にいることも多いでしょうから、「騒音」としてストレスを与える可能性が高いです。

しかし、あらかじめ足場代作業についてのスケジュール、予定時間を伝えておけばトラブルになることを防ぐことは可能です。

また念のため、出来るだけ音が出ないように、と塗装業者にも伝えておかれると良いでしょう。
可能な限り、配慮はしてくれるでしょう。

臭いのトラブル

一般住宅の場合には、水性塗料を使うことが多いです。

そのため、そこまで臭いが隣の住宅に及んでトラブルになる・・・といったことは少ないですが、油性塗料をご使用になる場合には連絡は必須でしょう。

臭いのために気分が悪くなる方も出る可能性を考慮する必要があります。

ただ、そうしたトラブルを避けたいという方も多いでしょうから、塗料は水性塗料を選ばれるケースは多いのではないでしょうか。

挨拶回りの際、外壁塗装で臭いが出る可能性についてもお話をされておくと安心でしょう。

お隣の住宅への塗料の飛散

塗料はどうしても飛散するものです。

しかし、飛散防止メッシュや、養生を徹底する事で防ぐことが出来ます。

首都圏など住宅地でお隣さんとの間隔が狭い場合などは、養生を徹底してもらえるように業者に依頼されることをおすすめします。

気になる場合には、隣家の車、自転車などにも毛布やビニールシートなどで養生させてもらうようにお願いすると良いかもしれません。

念のため、伝えれば断られることも無いでしょう。

勝手に隣の敷地内に侵入してしまった

住宅によっては、足場を組むためにお隣さんの敷地内にもはみ出す必要がある場合も。

その際、必ず事前に隣家の方に了承を得る必要があります。

しかしその際、不在であったのでつい後回しにして足場を先に組んでしまった、となると不法侵入としてトラブルになる可能性が高いです。

足場を組むためにお隣の敷地も少し借りないといけない、といったことは実地調査の際に分かるでしょうから外壁塗装をすると決めた段階で、早めに相談に伺うことが大切です。

職人の態度、路上駐車

職人さんは休憩を定期的に取ります。

その時の話し声の大きさ、路上駐車で車を出したいときに邪魔だった、などはトラブルになる可能性があります。

そうした苦情を言われた場合には、早急に業者にも伝えて気をつけてもらう必要があります。

外壁塗装、近隣トラブルを避けるためにも挨拶回りは重要!

近隣トラブルは避けたいものです。

ずっとそこで住み続けるでしょうから、外壁塗装を気に仲が悪くなり、様々なことがストレスになる・・・といったことでは生活しにくく仕方ありません。

近隣の方とのトラブルは、事前の挨拶回りをしっかりと施主自身で行う事で避けられることがほとんどです。

詳しく聞かされていない、いつ終わるか分からない

工事ほどストレスなものはありません。

そのため、外壁塗装業者の担当者と一緒に粗品を持って挨拶回りを行うことが大切です。

  • 外壁塗装の作業予定期間、作業時間
  • 足場の際の音(作業予定日時)
  • 高圧洗浄
  • 塗料の飛散
  • 塗料の臭い
  • 車などへの養生について

など、およそトラブルになりそうな事に関しては、しっかりと事前に伝えておかれることをおすすめします。

外壁塗装 トラブル時の相談先

外壁塗装で業者とのトラブルが発生してしまった場合など、相談が必要な場合には以下が相談先として活用出来ます。

住まいるダイヤル

住まいるダイヤル(公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター)

国土交通大臣から指定を受けた機関です。
電話相談、必要に応じて専門家相談が出来ます。

あらかじめ、外壁リフォームや外壁塗装でどういった相談事例が多いかを見ておかれると、参考にもなるでしょう。

国民生活センター

独立行政法人 国民生活センター

様々なトラブルの相談に対応しているのが独立行政法人 国民生活センターです。
全国各地にある消費生活センター等に相談することも可能です。

全国の消費生活センター等 都道府県別一覧からお住まいの近くの消費生活センターを探すことが出来ます。

外壁塗装のトラブルを避けるために

外壁塗装のトラブルは、事前に予防策を採ることで避けられるものがほとんどです。

地域密着、社歴の長い優良塗装業者に依頼した場合には配慮もされることが多いため、トラブルは発生しない事が多いです。

長く地元で評判よく仕事をすることに気を遣っているために、トラブルにならないように最善の方法を採ってくれることが多いためです。

逆に、こうした方が良い、といった提案もしてもらえることも多いかもしれません。

それでも苦情を頂く事はありますから、すぐに謝罪し、対応するといったことも施主としては重要になります。

外壁塗装で優良塗装業者に依頼出来るように、塗装業者選びの方法を改めて確認されてみることもおすすめです。

外壁塗装 業者の選び方 関連記事

外壁塗装業者 選び方 注意点

外壁塗装業は悪質業者が多い業界です。

外壁塗装で悪徳業者が使うセールストーク、避けるべき見積書、優良塗装業者の特徴などをみていきましょう。

外壁塗装業者の選び方についてのポイントをご紹介しています。

-外壁塗装のトラブル
-

Copyright© 外壁塗装 優良塗装業者の探し方 , 2020 All Rights Reserved.