外壁塗装の費用相場

外壁塗装 見積もり

外壁塗装で値引き交渉する時のポイント

投稿日:

外壁塗装の値引き交渉

外壁塗装の費用は高額です。
建物の大きさ、外壁や屋根の状態にもよりますが60万円~120万円といった費用がかかる工事です。

1万円でも安く外壁塗装の工事をしたい!
と思うのは当然です。

技術力の高い、優良な塗装業者にお願いしたいけれど、やっぱり優良業者ほど高額なのでは・・・ということをお考えの方も多いと思います。

外壁塗装の費用は値引き交渉しても良いのでしょうか?

結論として、値引き交渉は可能です。
そしてポイントがあります。

この記事では外壁塗装の費用を値引き交渉する時に失敗しないためのポイントをまとめています。

外壁塗装で値引き交渉する時のポイント

外壁塗装の比較

「外壁塗装の見積もりをとったら、費用が思ったより高かった・・・相見積もりをしたけれど、他の業者もそこまで安いところはない」

となった場合、どうしますか?

外壁塗装工事の費用は普段の生活では、車を買う次くらいに高額な費用を支払うことになります。
(外壁塗装の費用の方が、車の代金以上かもしれません)

リフォームローンやクレジットカードの分割払、ボーナス払いなど支払方法もいくつかありますが、完全に家計を圧迫する金額ですよね・・・。

もう少し安くならないかな?
と考えるのは普通だと思います。

もっと安い業者を探してさらに相見積もりを続ける方法もあります。
ただし、それも手間と時間がかかります。

現地調査を再びやる必要がありますし、必ずしも費用が安い業者が見つかる保証もありません。

「であれば、今回の3社の相見積もりの中から、技術力が高そうで信頼出来そうなA社にお願いしたいけれど・・・ぶっちゃけ、もう少し安くならないかな!?」

そこで考えるのは外壁塗装の費用を値引き交渉することです。

80万円の費用が50万円まで安くなる!

といったことはありませんが(悪徳業者の場合あり得る値引き額ですが)、値引きが可能になることは意外と多いです。

大阪の業者さんの場合、土地柄、値引き交渉はあって当たり前と考えている業者さんも多いようです。

値引き交渉をする際には、次のようなポイントを抑えて交渉してみると成功する可能性が高くなります。

出来れば、全ての塗装業者に値引き交渉をするのではなく、工事を依頼したい業者を決めた後で、

「ぜひあなたのところにお願いしたいと思っています。でも、もう少し安かったら嬉しいのですが、安くなりませんか?」

といった言い方でアプローチすると良いでしょう。

業者さんも人間です、高圧的に言われたらカチンときて値引きしたくなくなるかもしれませんね・・・

外壁塗装の費用相場を把握しておく

まず最初にしておくことは、ご自宅の坪数(日本の住宅の平均的な坪数は30坪台です)での外壁塗装、おおよその費用相場を調べておくことです。

外壁塗装では、

  • 住宅の坪数
  • 塗料の種類

で費用をおおよそ計算することが出来ます。

また色々な塗装業者で坪数ごと、塗料の種類ごとに費用相場を掲載していますので、調べて参考にされても良いと思います。

外壁塗装の費用 関連記事

外壁塗装 費用の目安、相場

外壁塗装は住宅の坪数(延べ床面積)ごとに、費用相場があります。
坪数ごとに外壁塗装の費用相場を掲載しています。

複数業者に相見積もりをする

ご自宅の外壁塗装の費用相場を把握したら、複数の業者に相見積もりを取ります。

外壁塗装の一括見積もりサイトを利用する方法が効率が良いのでおすすめですが、ご自身で地元の業者を探して見積もりを依頼する方法でも良いと思います。

重要なのは、外壁塗装は1社だけで決めてしまわないことです。

1社だけだと、見積もり価格が高いのか、安いのか判断がしにくいです。

担当者の対応に関しても、他と比較が出来ないため不安があっても「職人の世界だし、こんなものなのかな・・・」と妙に自分を納得させてしまう可能性もあります。

外壁塗装の工事を成功させるポイントは、複数の業者で相見積もりを取り、様々な面で比較をすることです。

多く見積もりを取るほどやり取りも大変になりますので、3社での相見積もりがおすすめです。

外壁塗装の費用は業者によって異なります。

相見積もりを取ることで、数万円~十万円以上安い見積もり価格の業者が見つかることもあります。

外壁塗装の費用 関連記事

外壁塗装の見積もりを一括で取る方法

壁塗装の相見積もりを取りたい場合、一番便利な方法は一括見積もりサイトを利用して塗装会社を紹介してもらう方法です。

優良塗装業者が多く加盟しているおすすめの一括見積もりサイトをご紹介しています。

端数切りの値引き交渉をする

一般的な値引き交渉として、

「端数切り」

があります。

値引き交渉に慣れていない方でも、端数切りなら塗装業者に交渉しやすいと思います。

898,578円 ⇒ 850,000円

1,045,000円 ⇒ 1,000,000円

といったように端数の金額を値引きしてくれるケースは多いです。

「端数を値引いてくれたら、ぜひ御社に工事をお願いしようと思っています」

というような言い方をすれば、値引きしてくれる可能性は高いでしょう。

諸経費の部分を値引き交渉する

外壁塗装でかかる費用の内訳は、ザックリ以下のようになります。

  • 人件費 30%
  • 材料費 30%
  • 会社の利益 20%
  • 足場代 10%
  • 諸経費 10%

この中で、削れない費用(削ってはいけない)が人件費、材料費、足場代です。

ここに食い込むほど値引き交渉をすると、施工を断られるか、もしくは請けてもらえたとしても質の低い施工になります。

会社の利益はなんとかして確保したい部分ですから、ここも業者にとっては値引きが難しい金額です。

会社を存続させるためには利益が必要です。

多少なら勉強してもらえる場合もあるかもしれませんが、利益が無くなるほどの値引き交渉は避けた方が良いでしょう。

となると、値引き交渉で狙えるのは「諸経費」となります。

値引き交渉で狙うのは、諸経費の部分です。

大体10%が計上されることが多いですから、それもあり外壁塗装の値引き交渉では最大10%が限界、ということも言われます。

20%も30%も外壁塗装で値引き交渉するのは、

「工事の質を落としても良いから安くして!」

「御社の利益を削って、塗装をして欲しい!」

というようなもの、とも考えることが出来ます。
大幅な値引き交渉をするのは、避けられた方が良いでしょう。

諸経費とは?

外壁塗装でいう諸経費とは、図面の作成代、現場調査や工事期間中の交通費、電話代、ゴミ処理代などが含まれます。

厳密に費用を見積もっているわけではない部分です。
大体、10%を費用として計上となります。

ですから、10%も費用がかからないこともあります。

多めに見積もられていることが多いため、業者としても値引き交渉に応じやすい費用となります。

塗装業者が暇な時期を狙うのもおすすめ

値引き交渉がしやすい時期、もあります。

それは、

塗装業者が暇な時期を狙う

ということです。

商売柄、売り上げの波はありますが閑散期(特に梅雨など)の売上げの落ち込みを補える工事の依頼は少し値引いても欲しい、と考える業者は多いです。

抱える職人さん、事務スタッフの給料もあります。

塗装業者の中には、1月、2月、6月、7月、8月といった時期は値引きキャンペーンを行っている場合もあります。

キャンペーンを行っていなくても、値引き交渉しやすい時期とも言えます。

しっかりした業者さんであれば、梅雨時期も質を落とすこと無く塗装が可能です。

外壁塗装のベストシーズンと比べると、雨の降り具合によっては施工期間が長くなるかもしれませんが、気にされないのでしたら価格を安くしやすく、おすすめ時期といえます。

値引き交渉で失敗しないために

値引き交渉で失敗するケースがあります。

以下にあたる値引き交渉の場合、注意された方が良いでしょう。

大幅に値引きしてくれる業者は悪徳業者の可能性あり

大幅に値引きに応じてくれる業者は悪徳業者の可能性が高いです。

外壁塗装の工事では、削れない費用があります。
通常、MAXで10%ほどしか値引きが出来ないと考えて良いでしょう。

ですから、40%も50%も値引きになる業者の場合には、最初から見積もり価格を非常に高く設定して大幅値引き、お得感を与えて契約を迫るというやり方です。

高額な費用を支払った上に工事の質も悪い、手抜き工事が行われた、といった結果になりやすいため依頼しない方が良いでしょう
(特に訪問販売業者はトラブルが多いので注意が必要です)

大幅な値引きは結局、自分の損になる?

試しに大幅に値引き交渉をして見た場合、稀に応じてくれる業者もあるかもしれません。

手抜き工事をすれば利益は確保出来るし、仕事は欲しい。
そうした業者である可能性があります。

費用相場で見積もり価格を提示しておいて、大幅に値引きに応じてくれる場合は注意が必要です。

工事の利益は確保したい部分ですから、材料費や人件費を削って工事が行われる可能性が高いです。

3回塗りが1回しか行われない、時間のかかる下地調整を手抜きする、必要な補修をせずに塗装をする、塗料を薄める、工事の経過が分かりにくい外壁塗装では手を抜こうと思えば抜けてしまいます。

そのために悪質な業者が多く存在しているともいえるのですが、業者の適正な利益を削るような大幅な値引き交渉は避けた方が良いでしょう。

工事の質を落とし、施工不良の可能性が高くなります。

外壁塗装で値引き交渉する時のポイント、まとめ

多額な費用がかかる外壁塗装。
少しでも費用を安くしたい、と考えるのは普通だと思います。

値引き交渉で失敗しにくいのは、端数切りです。

またさらに値引きを交渉したいのであれば、諸経費に関しても交渉してみると良いでしょう。

端数切り以上に値引いてもらえる可能性はあります。

その際、複数の塗装業者に相見積もりを取ることが大切です。

外壁塗装の見積もりを一括で取る方法でおすすめの一括見積もりサイトをご紹介しています。

-外壁塗装 見積もり
-,

Copyright© 外壁塗装 優良塗装業者の探し方 , 2019 All Rights Reserved.