外壁塗装の疑問

外壁塗装の塗料

ウレタン塗装とは?特徴・メリット・デメリット

投稿日:

ウレタン塗装とは

屋根・外壁をウレタン塗装することも出来ます。

実際、シリコン塗料が一般的となる前まではウレタン塗料がメインの塗料として選ばれることが多く人気の塗料でした。

耐用年数はシリコン塗料よりも短いですが、特性を理解して屋根や外壁塗装に使用する場合には最適な塗装が出来るケースもあります。

これからの外壁塗装でシリコン塗料かウレタン塗装かで迷っている、という方もいらっしゃるかもしれません。

ウレタン塗装にするか迷っている方は、特徴、メリット・デメリットを抑えた上で他の塗料と比較をされることをおすすめいたします。

ウレタン塗料のメリット

ウレタン塗料の性質の中で、耐用年数が短めの塗料であるにも関わらずウレタン塗装が選ばれる性質があります。

ウレタン塗料のメリットについて見ていきましょう。

弾性があり、ひび割れに強い塗料

ウレタン塗料の大きな特徴は「弾性」を持つ塗料であるということです。

つまりウレタン塗料は「ひび割れに強い塗料」であるということが言えます。

交通量の多い道路、幹線道路、高速道路、鉄道などが近く、振動が多い立地に建つ住宅の場合、硬くひび割れしやすいシリコン塗料では不向きな場合もありますが、弾性のあるウレタン塗装を選ぶメリットは確実にあるでしょう。

またモルタル壁などの場合も振動によってひび割れる可能性がありますが、ウレタン塗装を施すことでカバーすることが可能になります。

柔らかい塗料なので、様々な箇所に塗装が可能

ウレタン塗料は柔らかい塗料なので、密着性が高いです。

下地への密着性が高いことから、複雑な付帯部分塗装に多く使用されています。
付帯部分は、軒天、雨樋、雨戸・戸袋、破風板、鼻隠し、笠木、水切り、といった部分となります。

木部・鉄部等、付帯部分の塗り替えにウレタン塗料はおすすめの塗料となります。

こうしたウレタン塗料の性質があるゆえに、未だに現場で選ばれることが多い塗料となっています。

様々な場所に使いやすい

ウレタン塗料は硬化剤を使う2液タイプとなるため、使用する部分に合わせ、職人の使いたいように硬化剤を調整して塗装をすることが出来ます。

とても使い勝手の良い塗料といえます。

光沢がある

ウレタン塗装をすると、光沢が出るので高級感のある仕上がりとなります。

ただ、ウレタン塗料は紫外線に弱いのでシリコン塗料ほどは光沢が長持ちしない点には注意が必要です。

ウレタン塗料は色、書類が豊富

ウレタン塗料は長く使用されてきた塗料のため、多くのメーカーから販売されています。
色、種類が豊富なこともメリットといえます。

安価なもの、高価なものまで様々な価格があります。

防さび、耐候性、耐汚染性、耐水性、耐アルカリ性など機能面でもそれぞれ特徴がありますので、用途に応じてウレタン塗料を選びやすいのもメリットでしょう。

価格が安い

ウレタン塗料はシリコン塗料と比べて安価な塗料です。

相場として、

・ウレタン塗料 1,700円~2,200円/㎡
・シリコン塗料 2,300円~3,000円/㎡

といった価格となります。

外壁塗装の目的は住宅を守ることですが、外観のイメージチェンジのためにもするという方もいらっしゃいます。

そうした場合、比較的、短期間のうちに次の塗り替えを考えている場合には、ウレタン塗料でコストを安く抑えるという選択肢も出てくるでしょう。

ウレタン塗料のデメリット

ここからはウレタン塗料のデメリットについて見ていきましょう。

もしウレタン塗装をされるのでしたら、デメリットも理解した上で選ばれることが大切となります。

耐用年数が短い

外壁塗装の際の塗料で考えると、ウレタン塗料は2番目に耐用年数が短い塗料となります。

最も耐用年数が短いのはアクリル塗料(5年~7年程度)ですが、ウレタン塗装は次いで短い耐用年数(7年~10年程度)です。

シリコン塗料は環境によっては10年~15年程度の耐用年数となりますので、トータルコストで考えるとウレタン塗装の方が高コストになるといえます。

紫外線に弱い

ウレタン塗料は紫外線に弱く、紫外線によって黄色く変色しやすいという欠点があります。

外壁は常に紫外線にさらされるため、光沢が長持ちしないという問題があります。

水分、湿度に弱い

ウレタン塗料は水分に弱いため、湿度の高い環境では取り扱いには注意が必要となります。
梅雨時期などは特に湿度が高い状況が続くため、取り扱いには細心の注意が必要と言えます。

ウレタン塗装の経験が豊富な職人さんがいる塗装業者に依頼するなどしたいですね。

汚れが付きやすい

ウレタン塗料のメリットでありましたが弾性のある塗膜は、汚れが付きやすいデメリットも併せ持ちます。

交通量の多い道路に面する場合などは、外壁が汚れやすいといえます。

気になる場合には防汚性が高いウレタン塗料も発売されていますので、塗装業者に相談をされると良いと思います。

ウレタン塗装の費用 相場

ウレタン塗装をする場合、塗料の費用としては1平米(㎡)あたりの単価が、1,700円~2,200円となります。

例えば、30坪の建物で外壁塗装をウレタン塗料でする場合、70万円~80万円前後が相場と考えて良いでしょう。

付帯部分の塗装、足場代などを含めると80万円ほどは相場として見ておかれる必要があります。

詳しい費用に関しては、建物の状況や業者によって異なりますので見積もりを取る必要があります。

ウレタン塗装がおすすめな人

ウレタン塗装が向いているのは以下のような状況となります。

付加機能にこだわりたい

ウレタン塗料は様々な種類があり、希望する付加機能を持つ塗料を選びやすいというメリットがあります。

塗装する場所に応じて付加機能を替えて塗装をすることも出来ます。

コストを抑えて塗装をしたい

外壁塗装に使用する塗料の中ではアクリル塗料の次に単価が安いのがウレタン塗料です。
コストを抑えて塗装をしたい場合には、現実的な選択肢になることもあるでしょう。

そこまで長い耐用年数が必要ない場合

ウレタン塗装の耐用年数は7年~10年ほどとなります。

シリコン塗料ほど耐用年数は長くありませんが、10年以内には引越、建て替えなどの予定があるといった場合には高級な塗料を選ばずコストを抑えてウレタン塗料でも良いかもしれません。

外壁塗装の見積もり 関連記事

おすすめ外壁塗装 一括見積もりサイト

外壁塗装の費用は相見積もりがおすすめです。
複数の業者を比較して、信頼出来る業者を選ばれることをおすすめします。

塗装業者の加盟に審査があり、信頼度の高い業者から相見積もりが取れる一括見積もりサイトのおすすめをご紹介しています。

-外壁塗装の塗料
-

Copyright© 外壁塗装 優良塗装業者の探し方 , 2020 All Rights Reserved.